日清オイリオギフト サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ
ギフトカタログギフトの豆知識レターセット特集キャンペーン情報
 
 
ギフトの豆知識
 
オイリオギフト.com HOME  >  ギフトの豆知識 > のし のかけ方
 
 
 
ギフトの豆知識
 
・ お中元の基本マナー
線
・ お歳暮の基本マナー
線
・ のし のかけ方
線
・ お礼状の書き方
線
・ 挨拶状の書き方
線
・ 贈り物のあれこれ
線
・ お返しについて
線
ギフトの豆知識一覧へ
線

オイリオギフト.comオリジナルレターセット
メッセージカード
いつもの食用油がギフトに早変わり ラッピング特集
 
オイリオギフト.comオリジナルレターセット

のし のかけ方


昔は、物を贈るときに品物と一緒に目録をつけて贈るしきたりがありました。時代とともに目録は省略され、現在では、相手に贈り物の中身を伝えるために、のし紙の表書きを書くようになりました。「相手に何を贈るのか」伝えるためにものし紙をつけるのが、正式なマナーとなっています。ですが、時代にあった形式をとってもかまいませんので、つけなくても失礼にはなりません。

のし紙の種類
[蝶結び]   [結び切り] [弔事]
蝶結び 結び切り 弔事
蝶結びは何度あってもよい事、
お中元、お歳暮、入学、出産など。
結び切りは、一度きりでよい事、つまり繰り返してほしくない事に使います。結婚、弔事、病気お見舞いなど。

水引の本来の目的は、贈る品物や金包みをしっかり結びとめるという意味があります。また、けがれのないものを贈るという意味もあります。使われる色は、白、赤、金、銀、黒、黄などがありますが一色で使用する場合と組み合わせて使用する場合があります。

慶事一般:紅白、金銀、金赤
弔事一般:黒白、黄白、銀のみ、白のみ
(神社への謝礼は、のし無しか白封筒)

水引を結ぶ時は、濃い色が右に、薄い色が左にくるように結びます。紅白なら紅が右、白が左。
金銀なら金が右、銀が左です。
UP
のしの基礎知識
祝儀袋やのし紙の右上に紅白の折方(おりかた)がついていますね。これを「のし」といいます。のしは熨斗鮑(のしあわび)の略。鮑を伸ばして用いたことから熨斗鮑と称されました。昔は神事のお供え物として新鮮な魚介類を用いましたが、その中でも特に鮑(あわび)は重要な物でした。しかし、貴重な鮑を常に添えることができません。そこで、代わりに鮑を薄くそいだものを平らに伸ばし添えるようになったのです。そして、時代の移り変わりと共に熨斗鮑を和紙に包んだ形を「のし」と称して贈答品に添える風習が根付きました。  紙を折った折りのし 印刷した印刷のし

■のし紙とリボンの使い分けは?
のし紙を贈答品にかけるのは、鎌倉から室町時代に定められた礼法です。昔から引き継がれている正式なマナーですので、一般的にはのし紙をかけます。しかし気のおけない相手ならリボンでラッピングをしてもよいでしょう。その場合は、メッセージカードをつけるとよいでしょう。ちなみにのし紙をかけた場合はリボンをかけません。

■外のしと内のしの使い分けは?
のし紙をかけた上から包装紙で包んだ内のしならば、それが相手にどういう目的で品物を贈るのを開けてみるまで相手に伝わりません。どういう目的で贈ったかを一目で相手にわかるようにする場合、例えば、結婚祝いなどは外のしがよいでしょう。
UP
のしの書き方
毛筆、筆ペン、サインペンなどを使用し、濃い墨(毛筆、筆ペン)の楷書体で書きます。しかし最近ではこだわる必要はなくなり、ボールペンや青色のペンを使ってはいけないと覚えておくとよいでしょう。

表書き【のし紙の上段】

のしの上段には表書きを書きます。詳細は【表書き】をご覧ください。
迷った場合は「御祝」とすればまちがいありません。


【のし紙の下段】

のしの下段には、表書きよりも小さい字で、贈り主の名前を書きます。

名前の記名について、一般的なお祝いは、苗字を記載します。(同姓同名の人がいたり、苗字だけでは相手に伝わりにくい場合はフルネームで記載しましょう)

出産(内祝)は上段に内祝い、下段に子どもの名前だけを書きます。読み仮名を入れる場合は名前の右側に小さい文字で書きます。

連名の場合は、右側より地位・年齢が上の人から左側にむけて下位の人の順で書きます。地位・年齢の関係がない場合は五十音順に書きます。3名くらいが限度ですので、4名以上の場合は代表者の氏名を書いた左側に「外一同」と書き添えます。全員の氏名は、半紙や奉書紙またはカードなどに書いて贈り物の箱の中に入れておくとよいでしょう。

この場合も同じで右側より地位・年齢が上の人から左側にむけて下位の人の順で書きます。地位・年齢の関係がない場合は五十音順に書きます。

会社名を記入する場合は名前の右に少し小さめの字で。

【表書き】

●贈る側としての表書き

出産 御祝  御安産御祝 御出産御祝
お七夜・命名 御祝 祝御七夜  祝命名 御酒肴料
御初穂料(神社へ:のし無しか白封筒)命名御礼(名づけお礼)
お宮参り 御祝 お宮参り御祝 御初穂料(神社へ:のし無しか白封筒)
お食い初め 御祝 祝御食い初め 祝御食初 箸ぞろえ
初節句・初誕生 御祝 初節句御祝 祝初節句 
初雛御祝(女児) 初幟御祝(男児) 初誕生日御祝
七五三 御祝 七五三御祝 御初穂料(神社へ:のし無しか白封筒)
入園・入学 御祝 御入園御祝 御入学御祝
卒業・就職 御祝 御卒業御祝 御就職御祝
成人式 御祝 祝御成人 御成人御祝
長寿祝い 数えの61才→祝還暦 寿福
数えの70才→祝古稀 寿福
数えの77才→祝喜寿 寿福
数えの80才→祝傘寿 寿福
数えの88才→祝米寿 寿福
数えの90才→祝卒寿 寿福
数えの99才→祝白寿 寿福
数えの100才→祝百寿 寿福

●お返しとしての表書き
出産・お七夜・命名・お宮参り・
お食い初め・初節句・初誕生・七五三
内祝 子どもの名前
入園・入学・卒業・就職・成人式 礼状が一般的です。基本的にはお返しは不要ですが、相手との関係によってお返しをします。
長寿祝い 内祝 還暦(古希・喜寿)内祝
UP
弔事
弔事の時に用いられる不祝儀袋やのし紙に用いる水引は、黒白が一般的です。正式な水引の色は白とされていますが、いつしか黒白が定着しました。水引の本数ですが、本来、二本または四本用います。現在では市販品をみても五本、七本を束ねた水引が多くなっています。また香典の額によっても金額にあったランクの不祝儀袋を使います。たとえば、高額な金額では、高級和紙を使い豪華な装飾、銀や黒白の水引きをかけたものなど。関西地方では、「黄白」を法事で用います。

仏式、神式、キリスト式など共通に使用できる表書きが、「御霊前」ですが、蓮の模様があるものは仏式ですので、相手の宗教がわからない場合は模様の無い「御霊前」を使用するのがよいでしょう。「御仏前」という表書きは一般的には四十九日以後の法事に用いますが、浄土真宗は葬儀でも「御仏前」とします。

※喪中や忌中の場合のお中元・お歳暮
当方・先方のいずれが喪中であってもお中元やお歳暮を贈られても差し支えありません。
ただ、四十九日を過ぎていない場合や先方が気落ちしているようなら、時期をずらして「暑中御見舞い」「寒中御見舞い」として贈る気配りも忘れずにします。

線
中山みゆき 監修:中山みゆき
冠婚葬祭アドバイザー。
多くの方への冠婚葬祭関連のアドバイス活動を重ね、情報発信につとめています。
現在ポータルサイト「All About」で冠婚葬祭ガイドとして活躍中。
 
日清オイリオHOMEへUP
 
日清オイリオグループ株式会社 Copyright The Nisshin OilliO Group, Ltd. All right reserved.